レスポンシブデザイン 東京で集客できる格安レスポンシブ対応ホームページ制作

MENU

レスポンシブデザイン対応ホームページ作成

レスポンシブデザインとは
以前は、パソコン,スマートフォン,タブレット端末など複数の機器や画面サイズに対応させる際、
内容が同じでデザインや動作をそれぞれの端末に対応した複数のHTMLファイルやCSSファイルを用意し、
自動的にアクセスを振り分けていましたが

 

レスポンシブデザインでは、表示された端末の種類やサイズに応じて表示内容が
最適な状態に設定された一つのファイルを制作し、すべての端末に同じように送信する。

 

すべての端末に同じ内容を表示でき、更新作業の簡略化や更新漏れの防止が期待できる。
検索エンジンやアクセス解析に内容が重複した複数の異なるURLが出現することも避けられる。

 

googleの見解とレスポンシブの定義

Googleは、「PCサイトとモバイルサイトで共通のURL及びHTMLを使用しているページ」と定義しています。

 

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/mobile-seo/overview/select-config?hl=ja

 

Google検索エンジンは以下の3種類のモバイルサイトを認識しています。
1.レスポンシブデザイン
2.動的なページ
3.別々の URL(PC向けのHTMLとモバイル向けのHTMLを別々に用意し、URLも分けられている状態)

 

レスポンシブ ウェブ デザイン:
ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、
同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、
画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)表示を変えることができます。
Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ デザインを推奨しています。

 

 

レスポンシブデザインのデメリット

1、表示に時間がかかる。
2、モバイル未対応なので モバイル端末用に作成する必要がある。