集客アップのためのホームページデザイン

集客アップのためのホームページデザイン

集客アップのためのホームページデザイン

ホームページへのアクセス数をアップしたい、集客方法を重視し今後のホームページ作りをしたいという方は、どのようなレイアウトにするのかもしっかりと考えていきましょう。

 

集客が高いと思われるホームページの特徴は、とにかく見やすい、長時間見てても疲れず読みやすいといったものがあります。
すごくデザイン性に優れているホームページも数多くあります。
かっこ良くてスタイリッシュで、時間をかけてデザイン性に富んだホームページも意外と多いのですが、それは単なる自己満足に過ぎないのです。

 

あまりにも自分だけのデザインにとらわれてしまうと、集客方法や集客アップの妨げになると思ってください。
本来集客に力を入れたいのであれば、できるだけシンプルに誰が見てもとっつきやすい感じのホームページ作成をする必要があり、そのようなホームページの方がアクセス数が高いと言われています。

 

ただここで勘違いして欲しくないのは、単にシンプルなだけではいけません。
シンプルにと言われたからといって、手抜きとも思われるようなホームページもありますが、シンプルなのだけれども、見やすく、使いやすいというのが条件になります。

 

使いやすくシンプルで、集客アップを考えられているホームページというのは、少ないクリック数でも得るものが大きいホームページのことを示します。

 

どのページを開いてもなかなか目的の情報にたどり着けいないようなホームページは、使いにくいと感じてしまうでしょう。

 

特に多くの情報を扱っている場合には、トップページを見ただけである程度のページの内容を把握し、すぐに情報が得られるような工夫が施されているはずです。

 

初めてに表示されているトップというページ部分には、次のページヘの移動がスムーズに出来るように目次を作っておくのも大切です。

 

パッと見ただけで、どの場所に必要な情報があるのかを理解できますので、少ない作業で目的に情報をゲットできるでしょう。
だからといってごちゃごちゃとトップに、目次を配置してしまうと、逆に見えづらくなりますので、バランスを考えた上でレイアウトを考えてください。

 

 

ホームページを運営、立ち上げている以上、それが個人のホームページであっても団体や企業であっても必ず集客というものがあります。

 

常に集客を視野に入れたホームページ作りをしなければ、ホームページを作っている意味もありませんし、良いホームページは作れないでしょう。

 

ただ作る方によって、目的や想定する人数、目標とするアクセス数に違いがあります。
しかしどのような場合であっても、自分が設定した訪問者数を獲得したいと考えるのは、ホームページを作っている方の願いや目的ではあるのです。

 

だからといって集客方法だけに絞って、ホームページを作ってしまうと、訳の分からないものが出来上がると思います。
訪問した人にとっても、明らかに集客目的だと分かるような作り方になっていると、リピート率を上げることは難しく、不気味なサイトだけが残ってしまう事になります。

 

逆に集客が見込めるようなキーワードばかりを使ってホームページを作っている場合や余りにもデザインに手を抜いているホームページも全く魅力的なサイトであるとはいえません。

 

このホームページは集客だけを考えているなと、訪問者にわかってしまうと、すぐに離れてしまい、次にアクセスしてくれる可能性はゼロに等しいと言えます。

 

ホームページを作成し、今後運営するのであれば、このような事に注意をして、できるだけ内容を充実させたサイト作りが出来るようにしてください。

 

また自分だけが満足したサイトになっていると、それでも人は得るものがないと判断し、集客を上げることはできないでしょう。
個性やオリジナリティーも大事ですが、それの意味をはき違えてはいけませんね。

 

誰にために作っているのか、何を目的にし、どのような情報を発信しているのか、作った人の温かさや人間味みたいのが感じられると安心感を与える事もできると思います。

 

レイアウトとカラーで集客をアップしよう

ホームページの集客方法を考えるとき、一見無関係のように思われおろそかにされてしまうのが、デザインなどレイアウトや色合いです。

 

そのような事に時間をかけているよりも内容をと考える方がいるのは当然です。
ただレイアウトや色が一概に無関係であるとはいえません。

 

どのようなタイプの人間であっても基本的には、同じような性質で成り立っており、例えば、横書きの文章を無意識のうちに左から右へ読み進めようとするでしょう。

 

また縦書きの場合には、当然下から上に読む人はいないですよね。
これは説明しようもないことで、日本人であれば、いやもしかしたらどの国でも基本的に本質が決まっているのかもしれません。

 

この大原則に沿った内容のホームページであれば、当然どのような方でも見やすいサイト、リピート率が高くなるホームページであると評価されると思います。

 

この法則を利用した集客方法には次のような事があります。
例えば、横書きの場合、左から次に上、それから右下と目線が進みます。

 

次に縦書きの場合には、上から右、下から左という目線が進められるでしょう。
この人が無意識に行う視線の動きというのは、集客をアップさせるときに最も重要なことで、最初に目がいく場所に分かりやすいコンテンツが掲載されていると、このホームページは非常に使いやすい、見やすいという印象を与えると言われています。

 

それとは真逆の動きをするホームページは、見づらい、使いづらいといった印象を抱くようです。
さらにレイアウトに使用されている色に関しての集客アップに無関係ではありません。

 

色は特に見やすさに大きく影響を及ぼしますので、注意をするといいでしょう。
例えば、背景の色が白で統一している場合、黒文字すると当然見やすいと思っていると思います。

 

しかし実はこの組み合わせは画面を見た際、反射し白が強く浮きだしてしまうため、長時間見続けていると目が疲れてそのせいで、
すぐにページから離れてしまうと言われているのです。

 

その場合には、薄い緑や軽めのグレーを背景にセットし、黒をあわせてみるといった工夫をするようにしましょう。
アクセスした人が居心地のよいホームページにするためにも、集客方法をいろいろと考えてみるといいでしょう。

ジャンルで集客について

ホームページを作成するにあたって、ほとんどの方が行うのが、特定の種類の内容を全面に書きだそうとすることです。
例えば、趣味を前面にアップしたホームページを作っている人というのは、非常に多くいると思います。

 

サッカーや野球などが大好きな場合には、試合の内容や選手の情報、海外選手の情報などをもりこんだホームページを作っていると思います。

 

このようなホームページを作った場合、スポーツに関心の無い方は、当然アクセスしないでしょう。
ただサッカーや野球が大好きな方は、世界中に沢山いますので、同じような趣味を持っている方が集まる確立は非常に高くなります。

 

興味の無い人、興味のある人とはっきりとしていますので、どのくらいの数の方がアクセスしてくるのかというのは、理解できます。

 

スポーツに関心の無い方を集客できないという制限をすでに作っているということになります。
野球やサッカーであれば、好きな人が多いと思いますので、そこのジャンルに絞っても特に問題はないと思いますが、あまり人気のないスポーツを取り上げた場合には、最初からかなりの少人数を相手にしたホームページになってしまいます。

 

となれば、いくら集客アップを考えても母体数に限りがありますので、アクセスアップを目指すのは、非常に困難になるでしょう。
それでも自分の趣味を貫くというのであれば、それはもはややめる必要もありませんが、あくまでも趣味として楽しむ事がいいでしょう。

 

ただネットショップなどビジネスを展開している方の場合には、より多くの人にアクセスしてもらう必要がありますので、マイナージャンルをあえて選ぶというのは、よくないですよね。

 

一人でも多くの訪問者を増やす為にも人気のジャンル、集客が見込めるジャンルに絞るようにしてください。
年齢その高い人にターゲットを絞ったジャンルにするよりも、インターネットを楽しんでいる盛大に焦点を当てるとそれだけ主客がアップすると考えられます。

コンテンツテーマで集客アップをはかる

どのようなジャンルでホームページを立ち上げたいのかが明確になったら、次は、どのようなテーマでサイトを作るのか、どのようにそれを表現していくのかを考えながらホームページ作りを進めていくといいでしょう。

 

ホームページの意味を考えるためには、何をどうやって表現したらいいのか、取り扱っている商品をどのよう形で説明し、知ってもらった方がいいのかを考える事はとても重要な事です。

 

何も持ってホームページを運営していくのか、という目的を決める事が重要です。
ただホームページを作っている方の目的と、訪問者の目的とに温度差が生じてしまうような場合には、集客アップを行う事ができませんので、限りなく近づけるように考えつつホームページを作って行きましょう。

 

訪問する方というのは、タイトルやジャンルといった最初のイメージだけで、先入観が膨らみアクセスをしてくるでしょう。
しかし実際に訪れたホームページの内容と、自分が思っていた価値観や目的が違った場合には、すぐに離れてしまいます。

 

サイトタイトルやジャンルというのは、非常に重要でホームページを実際に目にする前に、すでに訪問者の脳裏には、こういうサイトなのかな、このような情報を得られるのかなという期待感で一杯なのです。

 

最初の印象を決めてしまうタイトルに負けてしまうような内容である場合は、二度アクセスしてもらえずに集客アップを目目指すことは難しくなります。

 

訪問者と作り手の目的や内容が一致出来るようにできるだけサイトの目的を考えながらホームページを作っていくようにしましょう。

 

例えばタイトルに子育て、育児といったキーワードが入っている場合があるとします。
このタイトルを見てアクセスする方は、やはり子育てや育児に関する情報や交流を求めてアクセスしますよね。
しかし実際にアクセスしてみると、ただ日記形式で育児の事が綴られている場合、自分にとってのメリットを感じられないと判断するとすぐに離れてしまうと思います。

 

ホームページを日記形式にするのであれば、日常的な内容に加え、訪問した方が手土産として得られる情報をもりこむ事が重要な御ポイントになります。

 

良かったここで情報を得られると分かると、再びアクセスしてくれると思います。
訪問者にとって有益な情報となるホームページはアクセス数がかなり期待できるでしょう。

トップへ戻る