ホームページの集客方法5選!自社hpにあった集客方法の選び方

ホームページの集客方法5選!自社hpにあった集客方法の選び方

ホームページの集客方法5選!自社hpにあった集客方法の選び方も徹底解説

「ホームページの集客がなかなか上手くいっていない」
「一体どのような集客方法を試せばいいのだろう?」

 

この記事をご覧の方は、このような悩みを抱え、
「自社に合ったホームページの集客方法が知りたい!」とお考えではありませんか?

 

結論から言えば、ホームページの集客力を最短距離で高めていきたいのであれば、
集客方法の選定は非常に大切なトピックだといえます。

 

 

今回は

 

・ホームページの集客方法の選び方
・おすすめの集客方法5選

 

を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホームページの集客方法は様々なものがある

ホームページに集客する方法は様々なものがあり、
それぞれメリットやデメリットが異なるため、
一概に「集客方法はこれがおすすめ!」とは言い切れません。

 

大切なのは、「自社の状況や課題に合わせて最適な集客方法を選ぶ」こと。

 

時と場合によってどの集客方法が正解なのかは異なってきますので、

 

・「今はSNSが集客のトレンドだから、とりあえず試そう」
・「とにかくコンテンツを増やし続けていこう」

 

というように「なんとなく」集客方法を選ぶのではなく、ホームページの状態や、
競合・時代の変化などの外部要因の分析に基づき、
論理的な意思決定を下すことが重要となります。

 

そういった意味でいうと、ホームページ集客の成否は
「どの集客方法を選定するか」という時点である程度決まるといっても過言ではないのです。

 

 

ホームページの集客方法を選ぶ基準

ホームページの集客を成功させるためには、集客方法の選定が非常に大切だと解説しましたが、
一体どのような基準で集客方法を選んでいけばいいのか、疑問に思う方もいるでしょう。

 

結論から言うと、集客方法は以下3つのポイントに基づいて選定するのがおすすめです。

 

・即効性を重視するか
・予算はどの程度あるのか
・自社ホームページの成長度合いはどの程度か

 

それぞれ掘り下げて解説していきますので、
ぜひ自社の意思決定に役立ててみてください。

 

 

①即効性を重視するか

集客方法を選定する際は、まず「即効性を重視するか」を基準としてみましょう。

 

要するにこれは、以下の2択を迫られた際にどちらを選ぶかということ。

 

・短期的でもいいので、即効性のある集客を実現させたい
・時間がかかってもいいので、長期的かつ安定性のある集客を実現させたい

 

自社ホームページの集客には即効性が求められているのか、
それとも即効性より長期的かつ安定性のある運用が求められているのか。

 

ホームページ運用の最終的なゴールから逆算し、今行うべきことを考えてみてください。

 

②予算はどの程度あるのか

「予算がどの程度あるのか」も、集客方法を選ぶ際に重要となってくる要素です。

 

なぜなら、予算が多いほど実行できる施策の選択肢が広くなりますし、
逆に予算がないのであれば社内リソースで完結するような施策しか選ぶことができないから。

 

予算状況によるフィルターを掛けることで、
明らかに選定すべきでない集客方法がいくつか浮彫りになるはずですので、
予算を明確にしたうえで集客方法を選ぶといいでしょう。

 

③自社ホームページの成長度合いはどの程度か

最後に、「自社ホームページの成長度合い」も基準として持っておきましょう。

 

例えば、

 

・コンテンツ数、流入数が0の「作りたてのホームページ」
・コンテンツは50個作ったが「流入が伸びないホームページ」

 

の2つのホームページでは問題点や課題が異なり、今後行うべきことも当然異なります。

 

あなたのホームページはどのような状態でしょうか?

 

よくあるケースを3つ表にしてみましたので、チェックしてみてください。

 

 

コンテンツ数 コンテンツによる流入 それ以外の流入 今後の対策の例
ホームページ作りたて 少ない 少ない 少ない まずはコンテンツを作成し、土台を作る
コンテンツを作ったが流入がない 多い 少ない 少ない コンテンツの見直しやSEO対策を講じる
コンテンツを作り、流入はある 多い 多い 少ない SNSなど別の集客方法も検討する

 

例えば「コンテンツをある程度作成したのに流入がない」という場合は
コンテンツの見直しやSEO対策が足りていません。

 

また、「コンテンツも流入もそれなりに充実しているが、
有効なキーワードはある程度網羅してしまった」という場合は、
無理してSEOを狙うより、SNSなどでの集客を検討してもいいステージだといえるでしょう。

 

このように自社の状態によって見直すべき課題や
今後行うべき行動は明らかに変わるはずですので、
まずは自社ホームページの現状把握を済ませましょう。

 

おすすめのホームページの集客方法5選

ここまで紹介してきた「集客方法を選ぶ基準」を踏まえ、
おすすめのホームページ集客方法を5つ表にしてみました。

 

 

集客方法 即効性 長期的 予算が必要か 概要
SEO × 無料でも可能 コンテンツ作成により検索流入を狙う
SNS × 無料でも可能 フォロワーとのコミュニケーションが図れる
広告 × 有料 予算が必要だが、即効性は十分
プレスリリース × 無料でも可能 メディアに掲載依頼をする。有料の場合も
被リンク 無料でも可能 被リンクにより流入を増やす。SEO効果も

 

1つずつ詳しく解説していきます。

 

①SEOによる集客方法

1点目は、最もオーソドックスな集客方法である「SEO」です。

 

 

効果が出るまでは最低でも半年~1年程度はかかりますが、
コンテンツをコツコツ作成していき、上位表示ができれば、
長期的かつ安定性のある集客が可能となります。

 

社内リソースでコンテンツを作成していくことで、
多大な予算を掛けることなく運用していけるのが嬉しいポイント。

 

逆に、予算があるのならばライターやSEO対策の業者に依頼するという選択もありでしょう。

 

ちなみに、業種にもよりますが、そもそもコンテンツが充実していなければ、
SNS経由等で流入されたとしてもホームページ自体に満足してもらえないというケースもありえます。

 

よって、ホームページの成長度合いに関係なく、
「着手できるのであればしておきたい集客方法」だといえるでしょう。

 

②SNSによる集客方法

2点目は、ホームページのファン構築が図れる「SNS」です。

 

SNSもSEOと同様で、基本的に効果が出るまで時間がかかる集客方法ではありますが、
その分フォロワーとの距離が近く、信頼関係を構築しやすいというメリットが。

 

また、社内で運用すればコストはかかりませんので、
予算に関係なく着手できる集客方法だといえます。

 

ただ、効果が出るまでに時間がかかるので、
SNSを始めるタイミングは早いに越したことはありません。

 

ホームページ運用初期から、ある程度コンテンツが充実してきた
タイミングにかけて着手するのがベターでしょう。

 

③広告による集客方法

3点目は、最も即効性に優れる「広告」です。

 

主な広告の種類としては以下が挙げられますが、

 

・ディスプレイ広告
・リスティング広告
・その他アフィリエイト広告やインフルエンサーへの依頼

 

いずれの方法も共通しているのは、
「費用に見合った効果を得るためには、
PDCAサイクルを回しながらの運用が重要である」という点。

 

その分正しく運用さえできれば、短期的な集客においてはトップクラスの集客力を誇るでしょう。

 

以下のようなお悩みをお持ちの方は、広告出稿を図ってみてはいかがでしょうか?

 

・コンテンツの数は多いがSEO対策が難しい分野であるため集客ができない
・そもそもコンテンツマーケティングが有効な分野ではない
・新商品のリリース時に、「認知のきっかけ」が欲しい

 

④プレスリリースによる集客方法

 

4点目は、安価で広告出稿ができる「プレスリリース」です。

 

プレスリリースとは、メディアなどに新商品の情報などの記事を掲載してもらう方法であり、
メリットとしては、

 

・メディアからの被リンクが貰える
・メディア自体の知名度を借りてサービスのアピールができる
・無料で掲載してくれるメディアも少なからず存在している

 

の3点が挙げられます。

 

ただし、なんでも掲載してもらえるわけではありません。

 

相手のメディアが取りあげたいと思える情報を渡さなくては掲載は期待できませんので、
新サービスや新商品をローンチするタイミングでの集客の選択肢として持っておくといいでしょう。

 

メインの集客方法として実行していくよりかは、
ポイントポイントで活用していきたい方法だといえます。

 

⑤被リンクによる集客方法

 

5点目は、SEO対策としても役立つ「被リンク」です。

 

というのも、「Googleが掲げる10の事実」内では、
「コンテンツの重要度を図る際、被リンクは1つの基準となる」といった
内容について言及されているから。

 

良質な被リンクを増やしていくことで、
Googleなどの検索エンジンからの評価が上昇し、
上位表示してもらえる可能性が高くなります。

 

よって、

 

・ある程度関連性があるホームページに相互リンクを持ちかける
・ユーザーが拡散しようと思ってくれるようなコンテンツを作成する
・先ほどのプレスリリースやリンクサービスを利用する

 

などして、良質な被リンクを多く受けられるようにしていきましょう。

 

また、SEO効果に加えて単純に被リンクからの流入増加も期待できますので、
それなりにコンテンツが増えてきたら着手していい集客方法ではないでしょうか。

 

参考URL:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

 

ホームページの集客方法は正しく選ぼう

今回はホームページの集客方法5つと、その選び方について紹介してきました。

 

ホームページの集客と一口にいっても様々な方法があるため、

 

・即効性は重視するか
・予算はどの程度あるのか
・自社ホームページの成長度合い

 

などの基準を持ち、適切な集客手段を選定することが大切です。

 

なお、もしどの集客方法にしていいかわからないようであれば、
まずはコンテンツマーケティングによるSEO対策を行っていくのがおすすめ。

 

というのも、長期的な集客ができるに越したことはありませんし、
集客の過程でホームページの価値自体が高まっていくので、
着手しておいて損はない集客方法だからです。

 

答えが出ない方は、まず土台作りという意味で、
SEOによる集客を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

トップへ戻る