ホームページ集客代行とは?メリット・デメリット紹介します!

ホームページ集客代行とは?メリット・デメリット紹介します!

ホームページ集客代行 メリット・デメリット紹介します!

ホームページは作って終わりではありません。

 

問い合わせや申し込み、認知度の向上などの何かしら目的を持って制作されるため、
その目的が達成されてはじめてホームページの役割を果たすのです。

 

「そうは言っても、目的を達成するためのノウハウがわからない」 という方のために、
ホームページ集客代行を活用するという方法があります。

 

本記事ではホームページ集客代行について紹介します。

 

 

ホームページ集客代行とは

ホームページ集客代行とは、企業がWEB集客を専門とする業者に、
集客を外注するサービスのことを指します。

 

インターネットの世界は常に進化し続けており、
アップデートも頻繁に行われます。

 

SEOを使って検索エンジンで
ホームページを上位表示させることも年々厳しくなっており、
現在では専門家が10人必要だといわれています。

 

そのため、専門業者がホームページで効果的に集客を行い、
結果を出すほうが効率がよいのです。

 

 

また、効率的にホームページ集客活動を行うには、
SEO対策だけに頼るのではなく、
リスティング広告やSNSを活用したり、
良質な被リンクの獲得したりといったテクニックが必要になります。

 

これらを自社だけで行おうとすると、WEB担当者を雇ったり、
育てたりする必要があるため、結果が出るまでに期間やお金もかかるでしょう。

 

また人の営業活動には時間の制約がありますが、
インターネットを使った集客の場合は24時間、365日営業し続けてくれます。

 

そこで、これらの集客活動を包括的に行なってくれる
ホームページ集客代行を活用することで、
効率的に集客活動を行うことができるようになるのです。

 

 

#ホームページ集客代行はどんなことを代行してくれるのか
ホームページ集客代行では以下のような業務を代行してくれます。

 

・SEO対策
SEO対策とはGoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力して検索した際に、
上位表示させる施作のことです。

 

上位表示されると、それだけホームページに訪れるユーザー数も増えるため、
問い合わせや、成約、サービスの認知度の向上に直結します。

 

SEO対策の最大のメリットは費用がかからないということですが、
その反面、上位表示されるまでにかなりの期間と専門的な知識が必要になります。

 

・ ホームページ制作
ホームページはただ制作すれば結果が出るというものではなく、
デザインやサイトの構造、集客につながる導線つくりなどが必要です。

 

ホームページ制作代行では、
集客に有効なホームページ制作から代行してくれる業者も多くあります。

 

・リスティング広告
リスティング広告とはGoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力した際に、
ページ上部に表示される広告のことです。

 

WEB上で集客を行うには非常に有効な施作で、
想定するターゲット層や表示させる地域などを細かく設定することも可能です。
そのため、自社に合った購買意識の高いユーザー層にアプローチすることができるでしょう。

 

・SNS対策
Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどからYouTubeやニコニコ動画など、
SNSには様々なものがあり、幅広い層が活用しています。

 

集客代行ではこういった各SNSの特徴や利用層に合わせて効率よく集客できます。

 

・MEO対策
MEOとはマップエンジン最適化のことで、
Google検索やGoogleMap内検索で、
地図を上位表示させるための施策です。

 

ユーザーが「業種名+地域名」で検索した際に
自社のマップが上位表示されることにより、
集客率の向上が期待できるのです。

 

実店舗の場合、MEO対策を行なったことで電話問い合わせが400%伸びたという例もあります。

 

・LP(ランディングページ)の作成
LP(ランディングページ)とは商品やサービスを販売し、
購買や問い合わせなどユーザーに何かしらの行動を促すページのことです。

 

WEB上で反応率の高いLPを作るためには
コピーライティングやWEBデザインの専門的な知識が必要になるでしょう。
そのため、集客代行に運用を任せるもひとつの方法です。

 

・外部リンク対策
外部リンク対策とは、自社のホームページ以外のサイトからリンクされることを言います。
外部リンクのことを「被リンク」とよぶこともあります。

 

しかし、外部リンクならどこでもよいというわけではありません。
Googleが評価する信用性や専門性の高い外部のサイトからリンクされることで、
SEOで評価され、ホームページが上位に表示されやすくなるのです。

 

以上がホームページ集客代行業者が主に行う業務になります。
業者により得意不得意な分野がありますので、
依頼する前に自社のビジネスに合った施作を得意領域とする業者を選ぶことがポイントです。

 

 

ホームページ集客代行のメリット・デメリット

ホームページ集客業者に依頼する際には、
メリット・デメリットが気になるところでしょう。

 

まずはメリットからご紹介します。

 

 

#ホームページ集客代行のメリット

 

・専門家に任せることにより、本業に集中できる
ホームページ集客を依頼することで得られる一番のメリットは「本業に集中できる」ことです。
先述したとおり、ホームページで本格的に集客活動を行い、
結果を出すためにはさまざまなテクニックが必要になります。

 

さらに、ただ施作を実行するだけではなく、専門的な知識と経験も必要です。
それらを自社で行うと、膨大な労力と時間が必要になり、
本来行うべき本業の時間を削ることになりかねません。

 

集客活動を専門家に任せることで、その問題は解決され、
本来行うべき自社の本業に集中できるでしょう。

 

 

・プロの専門家がホームページ集客を行なってくれるので集客率がUPする
ホームページ集客代行業者は、ホームページの集客率を上げるプロの専門家です。

 

自社で集客活動を行うと、試行錯誤の連続になり、
最悪の場合全く効果が出ない場合もあるでしょう。

 

「餅は餅屋」という言葉がありますが、
ホームページ集客でも同じことがいえるでしょう。
ホームページの集客率を上げるには専門的な知識が必要です。

 

専門的な知識を要する代行業者をうまく活用することで、
効率的にホームページ集客ができるようになるのです。

 

 

・WEB担当者のコストがかからない
仮に自社でホームページ集客を行う場合、WEB担当者が必要です。
WEB上での集客活動は他の業務の片手間でできるほど甘くはありません。

 

そのため、WEB担当者がいない場合は採用活動を行うか、
教育して育てる必要があります。

 

その際にかかる人件費は長期的な視点でみると決して安くはないでしょう。
集客代行に依頼する費用と人件費と比べても、
集客代行を利用する方が低単価で済みます。

 

 

・コストパフォーマンスが高い
リスティング広告やSNS広告を出稿する場合、
商品・サービスのターゲット層に合わせた購買意欲の高いユーザーを集客できます。

 

そのため、成約率も高くなり、無駄な営業費をかけなくて済みます。
WEB上の集客は、営業マンを雇う場合とは違い、
ホームページや広告を作ってしまえば、後は運用するだけです。

 

集客につなげるまでの工数も圧倒的に少なく、低コストです。

 

また、リスティング広告やSNS広告の場合は
1クリックに応じて料金を支払う形態を選択できるほか、
1クリックごとの単価も低めですので、
費用対効果も高くなっています。

 

 

・費用形態を選べる
ホームページ集客代行業者は大きく3パターンの費用形態に分かれます。

 

・月額制
・成果報酬型
・プラン制

 

以上の中から自社にあった最適な費用形態を選ぶことができます。

 

「月額制」は毎月固定した費用を代行業者に支払う形態です。
基本的に追加料金は発生しないので、毎月決まった額で安心して依頼できます。

 

「成果報酬型」は成果によって費用が発生します。
基本的に初期費用はかかりません。

 

「プラン制」は目的に合わせたプランが用意されているので、
用途に合わせて選択できます。

 

ご自身のビジネスの予算や用途に合わせて
最適な集客代行業者を選べることもメリットといえるでしょう。

 

 

続いてデメリットを紹介します。

 

#ホームページ集客代行のデメリット

 

・代行業者が知識不足の場合もある
ホームページ代行業者はWEB集客の専門家ではありますが、
その他の知識があるわけではないことがほとんどです。
業者も依頼を受けてから依頼内容の知識や資料を集めます。

 

そのため、自社の商品やサービスの知識に乏しい場合があるかもしれません。
打ち合わせ時点で十分な資料や説明を行い、
依頼後に追加の説明や内容に差異がないようにしておく必要があるでしょう。

 

 

・コストがかかる
自社でWEB担当者や営業社員を雇うよりも
代行業者を使った方が低コストで済むことは間違いありませんが、
それでもコストはかかります。

 

代行業者の料金もさまざまで月数千円の業者から、
数10万円の業者まで、いろいろあります。

 

どれくらいの期間を依頼するかや、
どの媒体を使うかによっても料金は異なります。

 

 

・社内に知識が蓄積しない
代行業者にホームページ集客を依頼すると、
必要なことはすべて行なってくれる反面、
その知識や経験、方法が社内に蓄積されません。

 

そのため、また集客活動を行う際は代行業者に依頼することになります。

 

 

#ホームページ集客代行に依頼する際の注意点

 

1.実績を確認する
どの業界でも言えることですが、WEB集客は特に実績が重要です。
料金帯も確かな基準値があるわけではないので、
料金だけでは代行業者の実力は判断できません。

 

そのため、アクセス数や問い合わせ数、
成約率をどのくらい伸ばしたのか数字がはっきりと明示されている業者を選びましょう。

 

 

2.代行の範囲を確認する
WEB集客は非常に多岐に渡るため、
依頼する範囲を明確にすることも大事です。

 

たとえば、SEO対策とMEO対策は行なっているけど、
他の施作は別料金がかかる場合などもあります。

 

特にリスティング広告は1クリックで料金が発生したり、
広告を掲載する期間により発生する広告料も異なります。

 

その辺りの細かなコンサルティングも含まれているのかも確認しておいたほうが良いでしょう。

 

 

ホームページ集客代行 まとめ

WEB集客は、専門的な知識を持ったプロに依頼することが成功への近道です。

 

コロナショックの影響による外出自粛が続く中、
オンラインビジネスは右肩上がりで成長しています。

 

この先、ホームページ等を活用したオンライン施作は必須といえるでしょう。
ホームページ集客代行を活用して、
効率的に集客率を上げ、ビジネスを加速させてください。

トップへ戻る