ホームページの集客効果・メリット5選!効果的な運用にするためのポイント

ホームページの集客効果・メリット5選!効果的な運用にするためのポイント

ホームページの集客効果・メリット5選!効果的な運用にするためのポイントも紹介

「ホームページを作ろうか検討しているが、効果があるか不安…。」

 

集客手段としてホームページが気になっていつつも、
費用に見合った効果が得られるか不安に感じていませんか?

 

そこで今回は、ホームページでの集客を始めようか検討している方のために、
以下の内容を紹介していきます。

 

・ホームページによる集客効果や、集客に関連するメリット
・ホームページ集客をより効果的に行うためのポイント

 

今現在集客に関してお悩みの方は、ぜひ読み進めてください。

 

【結論】ホームページは集客効果がある

結論から言えば、ホームページは集客にかなり効果的だといえます。

 

なぜなら、ホームページは自社についての宣伝やマーケティング施策を自由に行える媒体であり、
活用方法次第で様々なメリットを得ることができるから。

 

確かに、ただホームページを作るだけでは見込み顧客から発見してもらえる可能性はかなり低く、
集客手段としては弱いのですが、運用方法次第で大きな効果を発揮するのです。

 

例えば、プログラミングスクールである「侍エンジニア塾」は、
自社でコンテンツを作成してホームページを運用することにより、
月間300万程の検索流入を獲得し、プログラミングスクールへの送客に成功しています。

 

「ホームページをただ作るだけ」では意味はありませんが、
運用方法によってホームページの集客効果は大きく変わってくるのです。

 

再度の結論になりますが、ホームページは活用方法次第でかなりの集客効果、
メリットをもたらしてくれるといえるでしょう。

 

ホームページが集客に与える効果・メリット5選

それでは、ホームページによって具体的に
どのような効果を得ることができるのでしょうか?

 

集客に関連するメリットを5つ紹介していきます。

 

1.新規顧客の開拓が期待できる
2.顧客からの信頼獲得に繋がる
3.各種コストの削減が期待できる
4.SNSや広告を活用するメリットが増す
5.自由度の高い運用が可能である

 

①新規顧客の開拓が期待できる

まずは、ホームページ運用によって新規顧客の開拓が期待できます。

 

方法としては、ターゲットの疑問や悩みを解決するコンテンツを作成し、
SEOによる検索流入で潜在顧客にリーチする、などが一般的です。

 

コンテンツを増やせば増やすほど新規顧客にリーチしやすくなるので、
長く運用するほどに効果は増していきます。

 

②顧客からの信頼獲得に繋がる

続いて、ホームページ運用により顧客からの信頼獲得にも繋がります。

 

これはシンプルに「自社ホームページを所有しているかどうか」という部分での信頼感や安心感がまず1つ。

 

2つ目に、コンテンツによる情報発信をコツコツ行うことで、
・「このホームページはいつも有益な情報を掲載している」
・「常に最新情報がわかる」

 

というように、顧客からの信頼が蓄積されていく、という効果もあります。

 

信頼が蓄積されていくことで、結果的にホームページを訪れてくれるリピーターが増えるなど、
宣伝にも効果的です。

 

③各種コストの削減が期待できる

ホームページの運用は、「各種コストの削減」にも効果的です。

 

例えば、

 

・ホームページ内にQ&Aを予め設置しておく
・チャットボットなどを搭載し、ユーザーの疑問を即座に解消する
・商品情報や活用方法などのコンテンツを充実させておく

 

などの取り組みにより、問い合わせ対応の手間や営業コストなど、
人件費を大きくカットすることが可能。

 

要するに、「ここの手間や無駄をカットしたい」と感じる部分は、
ホームページを活用することで効率化が図れるのです。

 

④SNSや広告を活用するメリットが増す

ホームページを所有していると、SNSや広告をより効果的に運用できるようになります。

 

例えば、ただSNSを運用してフォロワーを集めても、
「集めた人をどうするか」という出口戦略が明確でなければ、
本当の意味での集客効果は薄いです。

 

しかし、ここでホームページを運用していれば、
ターゲットをSNSからホームページへ遷移させることで、

 

・自社ホームページが認知され、リピーターになってもらえる
・自社ホームページ内で、商品購入や登録などの成果に繋がる

 

などが期待でき、SNSとホームページを効果的に組み合わせることが可能になるのです。

 

また広告出稿に関しても、
広告によってはホームページや商品URLがなければそもそも意味がありませんし、
広告を出すためだけにペラサイトを作るのも費用がかかります。

 

「ホームページ」という受け皿を持つことで、
様々な集客方法がより効果的なものとなるのは覚えておきましょう。

 

⑤自由度の高い運用が可能である

最後に、「ホームページは自由度が高い運用ができる」のもメリットです。

 

近年はSNSでの集客が流行しつつありますが、
SNSは運営が決めたルールに従ったうえで運用する必要がありますし、

 

・プラットフォームが廃れてしまう
・突然利用規約が変更されてしまう

 

などのリスクもあります。

 

しかし、ホームページは自由に運用できますし、
時代や環境の変化があったとしても、それに合わせてサイトを変更していけばOK。

 

加えて、ホームページはCVまでの導線設計なども制限なくできますので、
他の集客手段と比較して、圧倒的に柔軟な運用が可能なのです。

 

 

ホームページ集客をより効果的にするポイント5選

ここまでホームページで集客することによる効果・メリットを5つ紹介してきました。

 

この章では、「ホームページ集客をより効果的にするポイント」を5つ紹介していきますので、
今後の運用をより効果的にしたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.集客による目的を明確にする
2.ユーザーファーストなコンテンツを作る
3.分析して課題を見える化していく
4.更新頻度を高め、常に最新情報を届ける
5.SNSなどと組み合わせて運用していく

 

①集客による目的を明確にする

ホームページの集客効果を最大限にしたいのであれば、
まず「集客による目的を明確にする」ことから始めましょう。

 

これは要するに、「集客した顧客をどうするのか?」という問いに対する答えを明確に設定しておくということ。

 

・自社サービスの資料請求をしてもらう
・自社サイトの商品を購入してもらう
・認知してもらい、サイト自体のリピーターとなってもらう

 

これらは例ですが、どのような事業を営んでいるかによって、
集客後のゴールは異なるはず。

 

ホームページはあくまで集客の1つの手段でしかありませんので、
ホームページの運用自体が目的となってしまわぬ様に、まずは目的意識を明確にしておきましょう。

 

②ユーザーファーストなコンテンツを作る

続いて、ホームページ運用においては、
「ユーザーファーストなコンテンツを作る」ことを常に意識しておきましょう。

 

なぜなら、集客したいからといって「集客したい」「売りたい」が前面に押し出たコンテンツを量産しても、
効果は薄いからです。

 

一番大切なのは、訪問ユーザーがコンテンツによって満足できたかどうか。

 

ユーザーがコンテンツに満足することで信頼を得ることができ、

 

・リピーターとなってくれる
・商品購入や資料請求に至る

 

といったことが期待できるのです。

 

ホームページやコンテンツを作成する際は、常に「ユーザーファーストであるかどうか」を意識しましょう。

 

③分析して課題を見える化していく

ホームページでの集客をより効果的にしていくためには、
問題点や課題をどんどん改善していくことが何より大切。

 

よって、「ホームページの分析と課題の見える化」は必ず行うようにしましょう。

 

ただコンテンツを作って終わりではなく、

 

・どのコンテンツが伸びているのか
・コンテンツごとのCV率はどの程度か

 

などの現状分析を行いつつ、きちんとホームページの問題点を把握しておくことが重要です。

 

そうすることでどんどん集客力の高いホームページになっていきますし、
課題点が明確であれば、外部の専門家にも委託しやすくなるでしょう。

 

 

④更新頻度を高め、常に最新情報を届ける

ホームページの集客力を高めたいなら、「更新頻度」も重要なポイント。

 

常に最新情報を掲載しているホームページは、
自然とユーザーからの信頼が増していきます。

 

逆に、更新頻度が低く、情報の掲載も遅いようなホームページであれば、
ユーザーは別のサイトで情報収集することとなってしまうでしょう。

 

いつでも最新情報をユーザーに届けるという姿勢を持つのはもちろん、
ホームページ内で古い情報がないかを定期的にチェックすることが、効果的な運用のためのコツです。

 

⑤SNSなどと組み合わせて運用していく

別の集客手段を並行して行うことで、ホームページでの集客はより効果的なものとなります。

 

特にSNSは非常におすすめな集客手段であり、

 

・適切なSNSを選ぶことで、ターゲット層にリーチしやすくなる
・フォロワーたちと密なコミュニケーションが図れる
・バズればかなりの流入が期待できる

 

などなど、様々なメリットが。

 

ホームページでコンテンツマーケティングを行うだけだと、
リーチできる層もある程度限られてしまいます。

 

よって、「ホームページに遷移させる」ことを目的とし、SNSなどの、
ホームページ以外の集客方法もしっかり活用していきましょう。

 

ホームページ集客の効果を最大限に享受しよう

今回はホームページの集客効果について紹介してきましたが、
結論として「ホームページは集客手段としてかなり優秀である」ということがいえそうです。

 

しかしそのためにはホームページをどう活用していくか、
どのように運用していくか、という戦略や分析が非常に大切。

 

「ただホームページを作るだけ」ではほとんど効果がありませんので、
ぜひ工夫して運用していき、ホームページによる集客効果を最大限に享受してみてくださいね。

 

トップへ戻る